[STEP4-8] ブログのライティングテクニックのすべて

Pocket

ソったれぇ!ドラゴンボールの精神と時の部屋に入るくらい速攻でコピーライティングを学ぶ方法があったなんて。

 

お疲れ様です。ドラゴンボールが好きなYUです。

あなたのコンテンツ作りをかなり役立てられるかもしれない方法をお伝えしますね。

 

STEP4で、いくつか記事を書くときのテクニックをお伝えしてきましたが、これらはほんの一部のお話でした。

他にも実はもっとたくさんあるんです。でも、量が多すぎるんです。

 

正直、僕の力だけでは難しいです。

対面ならまだしも、こうやって全体の場で記事に書いていくと、全てをお伝えするのに膨大な時間がかかってしまいます。

 

記事を書くテクニックだけでなく、SNSをはじめいろんな役立つサイトの紹介や使い方、アフィリエイトやインターネット集客の仕組みなどもお伝えするとなると、どうしても僕のだけでなく他のメディアも利用して欲しいと言わざるを得ません。

 

 

でも自分でコンテンツ作りのスキル、主にコピーライティングのスキルを身につける方法はあります。

 

例えばいろんな人の記事を参考にしてコンテンツ作りのスキルを盗む方法や、本屋でコピーライティング関係の本を買いまくるという手を使ってテクニックを身につけるという方法もあります。

ですがこれでは正直かなり時間がかかってしまいますし、本当にスキルが身になるかはわかりません。

 

なぜなら人の記事を見て技を盗んでも、どこまで盗めるか保証はありませんし、本屋の本は実はあまり役に立たない本も多いからです。

なかなか技を手に入れられず、しかも良い本にも巡り合えなかったらずっと良いコンテンツを書けないままになってしまいます。

 

 

じゃあどうするんだ、というところですが。

確実にコピーライティングのスキルを習得して、良いコンテンツを書けるようになる方法があるんです。

 

それが、現代広告の心理技術101という本を読むことです。

現代広告の心理技術101を手に入れる(こちらをクリック)

(ここでしか買えません)

 

この本は普通の本屋には置いていない本になります。

「広告」という言葉がタイトルに入っていますが、コピーライティング関係の本になります。

 

価格も普通の本に比べ少し高めなのですが、本屋に置いてあるコピーライティング関係の本より圧倒的に内容が濃いですし、ところどころギャグみたいなのが書いてあって面白く、読みやすいです。

 

STEP4でお伝えしたように、メリットを主張しようとか、STEP3でお伝えしたアメブロのヘッダー画像の注意点とかはこの本から引用したんです。

 

他にもこの本を読むだけで、

・コピーライティングの長さ短さより大事な要素

・読まれるための記事の1行目の書き方

・読み手を引き込ませる12のテクニック

・レイアウトや色の法則

・読み手の心理を理解してコンテンツを読ませる方法

・お客さんの反応率を高める7つの方法

・お客さんの良い意見を集めて信頼性を高める方法

 

こういった意外な情報を手に入れ、コンテンツ作りに役立てることができます。

海外は日本よりもずっとマーケティング関係のことが進んでいるのは聞いたことがありますでしょうか。

この本は洋書を翻訳したものですので、日本よりも進んだスキルを手に入れられますよ。だから日本の書店の本では物足りないのです。

 

できればコンテンツを書き始める前に読んでおいてもらいたいんです。

現代広告の心理技術101を手に入れる(こちらをクリック)

(ここでしか買えません)

 

これを読むだけでコンテンツ作りに必要なコピーライティングのスキルを手に入れられますし、これを買わずに自分でなんとか勉強するとなるとかなり遠回りになってしまいます。

 

なのでぜひ購入を検討してみてくださいね。

 

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

次記事:[STEP4-9] ブログに見やすい装飾をするにはへ進む

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です