[STEP5-1] アメブロに記事を投稿してみる

Pocket


は投げられた・・・カエサルはそう言った。

 

こんにちは、YUです。こっからが本当の勝負ですよ!!

というわけで、歴史上の人物、ユリウス=カエサルの言葉を借りました(・∀・)

 

STEP3でアメブロなどSNSの準備・セッティングをし、STEP4で記事の書き方をお伝えしました(`・ω・´)

というわけで、ようやく記事を書くことができますヽ(^。^)ノ

 

アメブロに投稿してみる

まずはアメブロで、2~3記事書いてみてほしいと思います!

 

やっぱりアメブロは1つの投稿が長めなので今後何をやるにしても練習に向いています。

アメブロ自体、構築しておけば独自メディアなどに誘導するのにも役に立ちますよ。

さらに検索エンジンからの流入、他のアメブロユーザーとのコミュニケーションによる流入、他のSNSからの流入の3経路が見込めますので、アクセスも集めやすいです(^^)v

 

記事を書くときの注意点

記事を書くときは、前にも言いましたが以下のことを主に意識してくださいね。

・コピーライティング

・読者の立場に立つ

・あなたの個性を出す

 

最初はこれだけ意識しておけば大丈夫ですし、書いていくうちにどんどん慣れていきますよ(・∀・)

 

やっていることは単純

記事を書くって大変かなぁとか思う人もいるかもしれませんが、実際そんなことはありませんよ。

本を読んだり動画を見たりして、役に立つことを自分の言葉で記事にアウトプットしていけばいいだけなんです。

 

こんなのずるいとか思う必要はありません。

学校の先生だって、コンサルタントだって、音楽教室の講師だって形は違えど同じなんです。

 

実際、例えばなにか料理のレシピを調べるにもインターネットで検索するとすぐにレシピが出てきますが、これは記事を書いた人がいてくれるから、こちらはそういう情報を簡単に手に入れられるんです。

僕らはこれから記事を書いて、便利になるよう手助けするんだと考えていいんですよ(^O^)/

 

テーマを振り分ける

アメブロに投稿するときは、テーマごとにカテゴリーに分けておきましょう。

 

ダイエット関係なら、

・太ってしまう原因

・運動メニュー

・食事レシピ

・モチベーションアップ方法

といった具合です。

これで読者は圧倒的に見やすくなり、欲しい情報を見つけやすくなりますよ(・∀・)

 

————————————————————————————-

それでは、今回もまとめておきますね。

アメブロに2~3記事投稿しよう

・記事を書くときは3つのことに注意しよう

・それはコピーライティング、読者の立場、オリジナリティーの3つである

・テーマを上手く振り分けよう

————————————————————————————-

 

では、また次の記事でお会いしましょう!(*´ω`*)

次記事:[STEP5-2] アメブロでのアクセスアップ方法へ進む

友だち追加

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です