[STEP5-4] アメブロのもう一つのアクセスの集め方

Pocket

アメブロのもう一つのアクセスの集め方

 

んにちは、YUです。

今回も記事を見ていただきありがとうございます!

 

前回、前々回の記事でペタやいいねなどのコミュニケーションをとってアクセスを集める方法と、ツールを使って自動的にアクセスを集める方法をお伝えしました(^^)v

 

中でもツールを使ってみた方は大きな効果を感じられたと思います(●^o^●)

あれは毎日5時間の作業を数分で終わらせられるので、とても効率的ですよね。

 

さて今回はもう一つ、アクセスを集める方法をお伝えしますね(・∀・)

これを知ることによってもっと効果的にアクセスアップが期待できますよ(*^-^*)

 

検索エンジン(googleなど)からの流入

その方法は、検索エンジンからの流入を狙うということです!

検索エンジンから来た人はあなたのコンテンツに対して属性がマッチングしていることが多いので、しっかり見てもらえる可能性が高いんです(^^)v

 

ただし、この方法には欠点があります。

それは、ある程度アメブロのパワーがないと検索エンジンに乗っからないということなんです。

 

・アメブロに50記事以上

・記事を書き始めてから2ヵ月以上経っていること

 

これらが最低条件になります(`・ω・´)

ただしこれはあくまで目安ですので、必ずこのタイミングで引っかかり出すわけではありません。

 

これらの条件を満たし、かつアメブロが価値のあるコンテンツである必要があります。

 

アメブロで50記事書くということ

そうはいっても、アメブロで50記事書くというのは無理ではないですがけっこう大変です。

 

そこで、僕の考えはこうです。

・50記事書けるならgoogleからの流入も狙おう

・50記事書く気力がないならアメーバキング2でアクセスを集めよう

 

 

実際にアメブロに記事を書いた人は分かると思いますが、一つ一つの記事がけっこう重いんです(´゚д゚`)

1000~1500文字程度の記事が50記事というと、一記事につき作文用紙3枚として作文用紙150枚分ということになります。

またワープロが苦手な人は、徐々に慣れて速くなるとはいえハンデを背負います。

 

 

アメブロで50記事書くとなると時間がかかって、そのあとに独自メディアを立ち上げてそちらも構築していくことになります。

 

 

個人的な考えではありますが、それよりはアメブロで15~20記事ほど書いたら一旦アメブロの更新を放置してもいいと思っています(・∀・)

 

アメブロである程度記事を書くことに慣れたら、前回紹介したアクセスアップのツールで集客して独自メディアに誘導し、独自メディアを中心に構築していきます。

そしてその中で余裕があったら、アメブロを更新していけばいいんです!

 

アメブロは50記事書けなければgoogleからの流入は期待できませんが、前回のアメーバキング2を使えばアクセス自体は集められます。

ただ、50記事書けるのであればgoogleからの流入により効果的にアクセスを集められますよ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のまとめです。

・アメブロで50記事書けるならgoogleからの流入が狙える

・50記事書かないならアメーバキング2でアクセスを集めよう

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

では、また次の記事でお会いしましょう!(*^-^*)

次記事:[STEP5-5] やる気がでないと思ったときに思い出して欲しいことへ進む

友だち追加

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です