[STEP3-18] twitterの自動つぶやきを利用して作業を効率化する

Pocket

んにちは、YUです。

前回の記事ではフォロワーを自動で増やしてくれる、フォローマティックについてお伝えしました。

 

あのツールは一度使ったらびっくりするくらい作業が効率的になりますので、買って損はないです。

特に複数のアカウントを使いたい人は絶対に手に入れたいですね。

まだの方はこちら(フォローマティックXYを手に入れる)

 

さて、今回はtwitterのつぶやきを圧倒的に簡単にしてくれるbot機能の活用についてです。

 

これを使っていかないとツイートの投稿がとても大変になってしまいますので、しっかり落とし込んでおいてくださいね。

 

twitterのbotとは

botとは、機械がつぶやくツイートのことをいいます。

 

機械がつぶやくといっても、その機械が勝手につぶやきを考えて投稿するわけではありません。

つぶやく内容を考えるのはもちろんあなたですが、一定の時間間隔ごとにあらかじめ登録しておいたつぶやきを勝手に投稿してくれるものです。

 

例えばbotサイトに100個とかのつぶやきを登録しておいて、約8時間ごとに一つずつつぶやかせるよう設定しておけば、あなたがいちいち8時間ごとにツイートを送信する必要はありません。

 

毎回ツイートのたびにログインしていたのでは大変ですよね。

そこで、タイマーで自動化して勝手に投稿してくれるんです。

 

なおこのbotは特定のつぶやきを時間指定することもできます。

つまり、重要なお知らせなどは別枠で定期的に伝えることができますよ。

 

botはどのサイトのものを使うのか?

bot機能はお伝えしたとおりとても便利ですよね。

 

一番良いのは、フォローマティックXYに付随しているbot機能を使うことです。

これはつぶやきの登録可能数も多く、ジャンルごとにつぶやきをグループ分けして複数のつぶやきグループを作ることもできます。

さらに自動リツイート機能もあるので、なかなか替えが利かないものでもあります。

 

実はこのフォローマティックXYは、フォロワーを増やすだけのツールではなく、つぶやきの自動化にも使えるんです。

フォローマティックXYを手に入れる

 

 

フォローマティックXYを使わない、という方はtwittbotというサイトを使ってみてください。

twittbotはこちら

 

こちらは無料ですが、bot機能としては使えます。

最大つぶやき登録可能数は少ないものの、そこそこ使えるサイトになっていますよ。

 

活用すれば作業の効率化は間違いなしです。

 

twitterのbot機能を利用したベストな投稿の仕方

botを使ってツイートを投稿していきますが、最大限に良い投稿の仕方があるんですよ。

 

それは、

・botによる1日2~3投稿

・普段の生活のツイートが1日1投稿程度

・LINE@などへの誘導ツイートが1~2日に1回

 

あくまで目安ですが、これぐらいがちょうどいいです。

botで真面目な話をして、リアルタイムで普通の投稿をして人間味を持たせます。

なお誘導ツイートは、LINE@やWordpressブログなどを立ち上げてからで大丈夫です。

 

これを参考にしてやってみてくださいね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のまとめ

・botはつぶやきの効率化に必須である

botはフォローマティックXYのものか、twittbotを利用する

botと手動の投稿を組み合わせてベストな投稿をする

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

次記事:[STEP3-19] facebookの特徴へ進む

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です