[STEP6-10] コンテンツのアクセス数を増やす~他のSNSで連携する

Pocket

コンテンツのアクセスアップを図る基本テクニック

疲れ様です、YUです(^^)/

コンテンツ作りははかどっていますでしょうか?

 

コンテンツは最初作るのが大変ですが、見てもらっていいねやコメントがもらえたり、反応があると嬉しいですよね(・∀・)

今回のテーマは、「他のSNSで連携してアクセスを増やす方法」です!

 

これを知っているだけであなたのコンテンツの拡散力が大きく違ってきますので、しっかり落とし込んでいきましょう!

 

SNS同士で相互連携する

みなさんの中にはtwitterやfacebookを使っている人も結構いると思います。

ビジネスとして始める前からも一般的に使っていた人に聞きたいのですが、あなたの周りの人で、他のSNSと連携している人はどれくらいいますでしょうか?(・∀・)

 

例えばアメブロを更新したときに、twitterやfacebookにもコメント付きで転送している人です。

おそらく、かなり少ないんじゃないかと思います(;・∀・)

 

実は僕の感覚でもそうですね。

全然関係ない人のビジネス用ツイッターを見ることもありますが、連携している人はあまりいません。

 

でもこれってかなりもったいないことです(`・ω・´)

アメブロで記事を更新したときに記事を見てもらう手段はそのアメブロだけになってしまいますよね。

 

ところがtwitterやfacebookに転送すれば、そちらで繋がっている友達にもアクセスを促すことができます。

これで自然にアクセスアップを図れるのですが、意外とみんなやっていないんです(^^;

 

まぁ他のSNSを使っていないだけの人もいますが、入口を増やすことも重要ですよね!

僕自身、アメブロの記事をtwitterにも転送することでアクセスを稼いでいます(^。^)

 

SNSで連携することのもう一つの意味

単純にSNS同士で連携することでアクセスアップを狙えるのですが、実はもう一つ狙いがあります。

 

それはブランディングです。

 

このブランディングという言葉の意味についてはこの7つのSTEP以外のところで今後詳しくお伝えしますが、簡単に言えば「良いイメージ作りのための活動」です。

 

例えばあなたがtwitterなどで情報発信をしていて、アメブロの記事を転送することによって、

「おお、この人はこんな良い情報も発信しているのか」

 

と、より多くの情報を発信することであなたのイメージを高め、信頼してもらうことができます。

 

このブランディングという考え方は超大事ですので、覚えておいてくださいね(*^-^*)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のまとめ

・コンテンツはSNSで相互連携しよう

・連携の目的はアクセスアップとブランディング

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

それでは、また次の記事でお会いしましょう!(^^)/

次記事:[STEP6-11] 独自メディア構築~Wordpressについてへ進む

友だち追加

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です