[STEP6-3] ビジネスにおけるLINE@の超重要な役割

Pocket

疲れ様です、YUです。

今回の記事は、前回の補足で、「LINE@の役割と、LINE@でやるべきこと」についてです。

 

ゆくゆくはLine@やメルマガを動かしていけば良いというのは分かったものの、どういうことをすればいいのかについて説明していきますね。

 

Line@の真の役割

LINE@には、ビジネス活動をしていく上で、稼ぎやすくしたり、インターネット集客をする上でとても大事な役割があります。

 

それは、

・永続的にお客さんをファンにしておく

・属性の濃いお客さんのリストにする

・お客さんと信頼関係を築く

・情報をより届けやすくする

・商品を買ってもらいやすくする

 

これらの役割を担っていて、超重要なんです。

 

永続的にお客さんをファンにしておくのは、前回の記事でお話しましたよね。

ここでは、それ以外のことについて解説していきますね。

 

1.属性の濃いお客さんのリストにする

ここまでSTEP方式で説明してきましたので何となく気づいた人もいると思いますが、実はあなたの作るメディアはだんだんとお客さんの属性を狭めていくようにしているんです。

 

① SNS(アメブロやfacebook) → ② Wordpress → ③ Line@(orメルマガ)

 

というように、

① SNSでたくさんのお客さんを呼んで、

② その中で興味ある人がWordPressに行き、

③ 特に興味を持った人がLine@に登録する

 

という流れになります。

(Wordpressが無い人もいます)

 

 

これにより属性の濃い人向けにのみ情報を発信できますので、そういう人に有益な限定情報を届けることができます。

 

限定情報がいくら有益なものでも、属性の薄い人にとっては嫌な情報になることもあります。

特にセールスに関してはそれが顕著に出てしまいます。

(早くセールスを仕掛けたい気持ちは分かりますが)

 

せっかくこれから濃いお客さんになる人に逃げられてしまっては元も子もないですよね。

なので、発信する情報は使い分けて、属性の濃い人にのみ発信することも重要になります。

 

2.お客さんと信頼関係を築く

このステップは軽視されてしまいがちですが、ここが超重要です。

 

なぜなら、いつもお話しているようにお客さんは、「誰だか分からない人からなんだか分からないもの」を買いたくないからです。

 

そのため、良い情報を発信したり、コミュニケーションを取るなど、いつだってお客さんとは信頼関係を築く必要があります。

そこでこのLINE@はうってつけの方法になります。

 

3.情報をより届けやすくする

これも重要です。

あなたのお客さんになりそうな人(見込み客)は、せっかくWordpressなどで満足しても、再び戻ってこない可能性もあります。

さらに、せっかくファンになってくれても毎回あなたのコンテンツを見るとは限らないんです。

 

そこで、LINE@を使うことで、相手に情報を届けやすくできるんですよ。

なぜなら、LINE@は、相手が登録している限り、相手のLINEに直接情報を届けられるからです。

このメリットを利用しない手はありませんよね。

 

4.商品を買ってもらいやすくする

これは最後のステップですが、ここをクリアしないと収益になりませんよね。

お客さんを教育して、信頼関係を構築していれば必然的にこれは達成しやすくなりますよ。

 

いつもそうですが、信頼関係を構築する前にセールスをかけないようにしてくださいね。

 

まとめ

Line@の目的や役割をお話してきましたが、何となく分かりましたでしょうか。

今後、最低でもLINE@かメルマガのどちらかは必ず運営する必要がありますので、必ずここを落とし込んでおいてくださいね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のまとめ

・LINE@やメルマガの役割は、最も濃い見込み客への情報発信

・信頼関係の構築はいつだって大事

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

次記事:[STEP6-4] LINE@の登録と初期設定へ進む

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です