[STEP6-1] LINE@とメルマガの7つの違い

Pocket

疲れ様です、YUです。

今回も記事を見ていただきありがとうございます。

 

さて今回のテーマは、「LINE@とメルマガの比較」についてですね。

LINE@でもメルマガを使う場合でも知っておいてほしいと思いますし、

知らないと使い方を間違えて上手くいかなくなってしまいますので、ぜひ落とし込んでおいてくださいね。

 

ここでは、LINE@のほうの視点から説明していきますね。

 

LINE@の優れているところ・負けているところ

LINE@とメルマガでは、特徴がそれぞれ違ってきます。

もちろん基本的な目的は似ているのですが、自分のビジネスに合っているほうを使うことをお勧めします。

 

LINE@のほうが優れている点

・情報の到達率

・開封率

・SNSからの登録

・若者からの登録

 

LINE@がメルマガに負けているところ

・情報量

・ホームページからの登録

・STEPメール方式

 

それぞれ、このような特徴があるんです。

順に説明していきますね。

 

LINE@のほうが優れているところ

・情報の到達率

これは基本、LINE@では100%届きますね。

どういうことかというと、メルマガでは迷惑メールフォルダに入ってしまうことがあるんです。

 

その点LINE@では確実に届けられますよ。

 

・開封率

これも相当高く、LINEでは95%くらいの人は開封すると言われています。

対してメルマガでは、開封されずに放置されることもあります。

 

そのため、読んでもらうための最初の段階はクリアしやすいです。

 

・SNSからの登録

LINE自体がSNSみたいなものというのもあるのか、アメブロやfacebook、twitterなどからはLINE@に登録されやすいようです。

 

私の勝手な印象ですが、LINE@のほうが手軽に登録できる感じですね。

 

・若者からの登録

これは単純に、LINEのユーザー層が10代~30代が多いからです。

それ以外にも、手軽さが大きいです。

 

メルマガに負けているところ

・情報量

LINE@は、一つのメッセージで500文字までしか送れません。

 

もっとも想像して欲しいのですが、ケータイでLINEを見て、

もし2000字とかのメッセージが来たら確実に「なげーよ」ってなってしまいますので、一つのメッセージが500文字以内というのは妥当かもしれませんね。

 

その代わり一度に複数のメッセージを送れますので、それを利用するのも良いです。

ただ、それでも多くの情報を伝えるには、読みやすいというのも含めてメルマガのほうが向いています。

 

・ホームページからの登録

ホームページからの登録では、メルマガのほうが登録されやすい傾向にあるようです。

お客さんにとって、メルマガのほうがしっかりしたコンテンツだという印象がありそうです。

 

・STEPメール方式

これは基本的にメルマガでしかできません。

 

LINE@でも一応、手動でやればできますが。

このSTEPメール方式はお客さんごとに、こちらで用意したコンテンツを順番に届けられるため大変便利で良いのですが、LINE@では自動化できないんです。

*2017年から、LINEのSTEPメールサービスを始めた会社があるようです。

 

まとめ

Line@とメルマガとの違いを説明してきましたが、いかがでしょうか。

両方使ってもいいですし、片方だけでも大丈夫ですが、ぜひ参考にしてくださいね。

ですが、今後集客を楽にするため、必ずどちらか一つは使ってくださいね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のまとめ

・LINE@とメルマガ、それぞれに長所・短所がある

・最低でもどちらか一方は運営しよう

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

次記事:[STEP6-2] LINE@をビジネスに利用する最大の目的へ進む

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です