[STEP7-3] ネット上でセールスをかける3つの最適な場所

Pocket

疲れ様です、YUです。

今回も記事を見ていただきありがとうございます。

 

さて今回のテーマは、「効率よく稼ぐためにセールスをかける媒体はどうすれば良いか」

ということについてです!

 

ビジネスをする上でアメブロやツイッター、Line@などを使いますが、実はセールスをしないほうが良い媒体とセールスをしても良い媒体があるんです。

間違えてしまうとせっかく来たお客さんに帰られてしまい、稼ぐチャンスを失うことになりますので、しっかり落とし込んでいきましょうね。

 

セールスをかけてはいけない媒体

まずセールスをかけてはいけない媒体。

それはSNSですね。

 

アメブロ、twitter、facebook、instagram、どの媒体でも、アフィリエイトや商品販売をしないほうが良いです。

 

例外として、無料相談の受付や無料体験レッスンなどの申し込みはやっても大丈夫ですね。

というより、こういう商品を扱っている人はやってください。

 

 

話を戻しますね。

なぜSNSでは商品販売をしてはいけないかというと、基本的にSNSはあなたのお客さんが最初に入ってくるところです。

 

ほとんどのお客さんは、最初にあなたのSNSを訪れた時点ではあなたのコンテンツには何となくでしか興味を持っていません。

訪問者はあなたのコンテンツを何となく見て、そのうちの何人かが興味を持って他のコンテンツを見たり、独自ドメインのサイトやLine@へと誘導されていき、ゆくゆくはファンになっていきます。

 

もしSNSの段階でいきなり「青汁はこちら」なんてやってしまうと、

「いや、別に青汁欲しくないし」

となってしまい、将来お客さんになる人まで離れていってしまいます。

 

あくまでSNSはお客さんを育てることと、次につなげるための媒体になります。

もちろん早く売りたい気持ちはすごく分かりますが、後々たっぷりとお金を稼ぐためにじっと耐えましょう。

 

セールスをかけても良い媒体

ではどこでセールスをかけるか.

それは、残りの媒体。

つまり、メルマガ、Line@、Wordpressの媒体の3つでかけていきます。

 

ただしセールスをかけても良いといっても、メルマガに登録して1通目のメールとか、そういうタイミングでやってはいけません。

メルマガステップメール方式にできますので、10通20通と送っていく過程で、時々数百円~一万円程度の安い商品の販売をしていきます。

 

そして数万円~数十万円の高額商品の場合は、必ず最後のほうのメルマガで販売します。

例えばステップメールを30通用意したなら、28通目とかですね。

 

 

WordPressでも、アフィリエイト記事ばかり貼るのは良くなく、アフィリエイトする記事はせいぜい2割までにとどめたほうが良いですね。

役に立つコンテンツを多めに発信して、たまにセールスをかける、というのが良いです。

ただし、メルマガやLINE@の登録は、毎回の記事で呼びかけてくださいね。

 

Line@の場合も同様に、いつもは役に立つコンテンツ、前向きなコンテンツを中心に配信して、セールスをかけるのはたまにやるくらいです。

 

 

とにかくお客さんには役に立つ、価値のあるコンテンツをたくさん配信して、あなたのファンにしていきます。

そうしてファンになっていれば、あなたを信頼しているので商品を買ってくれやすくなりますよ。

 

 

どんな時でも、お客さんを育てるということが基本になります。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のまとめ

SNSではセールスをかけてはいけない

メルマガやLine@、Wordpressではセールスをかけても良い

・セールスはかけすぎず、お客さんに価値を与えるコンテンツを重視する

ファンを育てることを考える

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

次記事:[STEP7-4] お客さんが商品を買ってくれる4つのポイントへ進む

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です