人の目をひく広告を作るためには

Pocket


起業・独立ランキング

目を引く広告には日々の改善が絶対に必要

 

んにちは、YUです(^-^)

 

皆さんは個人事業をやっているとき、コピーライティングは意識していますでしょうか?

 

ネットビジネスをやっている人、それ以外にも文章を使ってビジネスをしている人は多くの場合、何かしら意識していると思います。

逆にあまり意識していないという人は、今後必ず意識してくださいね!

 

コピーライティングは、例えばブログタイトルのつけ方、メルマガやLine@へ誘導するとき、アフィリエイトリンクを踏ませるときや販売ページへの誘導など、様々なところで活躍します。

 

 

もちろん様々なコピーを考えることは重要なのですが、それよりももっと重要なことがあるんです!

これからお話することをやっているかやっていないかで、集客の効率が圧倒的に違ってきてしまいますので、しっかりと落とし込んでくださいね。

 

コピーライティングの反応のチェック

ブログでもtwitterでもfacebookでも、もちろんコピーライティングは使っていきますよね。

 

基本的に各メディアでコンテンツを作成したら、ついついリンクを踏みたくなるようなコピーと誘導リンクなどを貼って相手に行動を促すわけですが、実はこの流れを一度作って満足して欲しくないんです。

 

というのもコピーライティングというのは、一度考えた段階でそれが良いコピーなのか悪いコピーなのかを判断することは不可能なんです。

明らかにダメなコピーは分かるのですが、良い(反応がある)コピーなのかどうかは実際に試してみないと分からない部分ではあります。

 

 

自分では良いコピーができた!と思っても、いざtwitterでそのコピーで運用したら、ほとんど反応が得られなかった、なんて場合はザラです。

 

例えばですが、

「アフィリエイトで月収50万円を稼ぐための集客スキルはこちらのメルマガで配信しています」

というのは反応が少なくても、

「アフィリエイトで稼げない状態を脱したいなら集客スキルをメルマガで受け取ってください」

というのは反応が良かった

などといったことは良くあることです。

 

真面目な話、こちら側が考える「刺さりそうな言葉」と相手側の考える「刺さる言葉」は違うことが多いんです。

というわけで、こちらの思い込みで決めるのは良くないんです。

 

なので、定期的に誘導のコピーを変えてお客さんの反応を探っていくことは必須になります。

 

コピーライティングの良し悪しの判断のしかた

ブログやSNS上にメルマガや販売サイトなどへの誘導リンクを考えたコピーとともに貼っていきますが、何を基準に判断すればいいのか。

 

それは、1日ごとのサイトへのアクセス数や登録者数の統計で見ていけばいいんです!

 

ECサイトなどであれば、googleアナリティクスなどの解析ツールを使えば分かりますし、メルマガやLine@では統計を見ればいいんです。

 

一度コピーを考えてSNS上にアップして、数日~2週間くらい様子を見て、どれくらい反応があったのかデータを記録します。

そうしたら今度はコピーを変えてみて、また反応を見てみます。

基本的には、これを繰り返していけば大丈夫ですよ(^^)

 

そして一番反応のいいコピーを見つけてみてくださいね!

それが正解になります。

 

というように、コピーライティングは本当に試してみるしかないんです。

そしてこれは、起業家、個人事業者として活動している以上、ずっとやり続けるしかないです。

 

このことをサボってしまうと成長が止まってしまいますので、頑張り続けてくださいね!

 

 

最後に僕の経験談から一つヒントを。

 

ブログに誘導リンクを貼る場合、「誘導用の言葉+リンク」で攻めるよりも、

画像を貼ってその画像にリンクを入れたもののほうが反応が良かったです。

さらに、画像には写真やイラストを載せたほうが反応が良かったです(`・ω・´)

 

この記事の最後にもLine@の誘導画像を貼っていますが、このことをぜひ参考にしてコピーを考えてみてくださいね!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のまとめ

・反応の良いコピーは試してみないと分からない

解析ツールなどを使って反応を確かめる

試行と改善を繰り返していく

・ブログでの誘導コピーは、画像リンクを利用しよう

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

それでは、また^ ^
脱サラ&起業・インターネット集客7つの成功STEP一覧へ

 

友だち追加


起業・独立ランキング

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です