読みやすい記事には自然な問いかけがある

Pocket



起業・独立ランキング

記事の中に疑問文を入れて読者を引き込もう

んにちは、YUです。

今回も記事を見ていただきありがとうございます!

 

さて今回のテーマは、

「記事の中に問いかけの文章を入れて引きつけよう」

ということです(*´ω`*)

 

皆さんは、インターネットを使ってなにかビジネスをしていたり、好きなことで起業していると、必ず文章を書く機会というのはあると思います。

でも、誰も見てくれないようなつまらないブログしか書けないようでは、非常にまずいですよね。

 

ところが実際には、ブログが上手く書けない、書き方が分からないという人はけっこういると思います。

正直、上手く書けない現状を抜け出したくはないですか?

 

大丈夫です。

ライティングのスキルは、知識とスキル、経験を身につければ誰でもできますよ(・∀・)

 

ここでは、そのテクニックの一つ、「問いかけを入れる」ということをお話しますね!

これを知るだけでもスキルは向上しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

問いかけの文章を入れるとはどういうことなのか

ブログの中で問いかけの文章ってどういう感じのものなのでしょうか。

 

それは、例えば上の文章です。

「ブログの中で問いかけの文章ってどういう感じのものなのでしょうか。」

この文章は問いかけになります!

 

他には、

「○○のダイエットなんてやっていらんないって思っていませんか?」

とか、

「あなたもお金をたくさん稼げるようになりたいですよね」

などといった文章も問いかけになります(・∀・)

 

要は、

・問題は何なのか、指摘している文章

・理想の状態に持っていく文章

・共感を求める文章

 

などがそれに当たります。

こういった文章の良いところは、自然に読み手を引き込めることです!

 

なぜなら、まるで自分のことを言われているような感覚になるからです。

人は誰でも、自分のことを話されていたり褒められていると嬉しくなりますよね!

その原理なんですよ(*^-^*)

 

こういった問いかけの文章を、あなたのブログの中で書いていくことで、あなたのブログの魅力度が一気に増しますよ。

 

もちろんこれは、facebookやInstagramの投稿でも同じです。

文字数の制限があってやや難しいのですが、twitterでも同じように使えます!

 

どのタイミングで問いかけを使っていくのか

ではここで気になるのが、どのタイミングで「問いかけの文章」を入れていくかですよね。

 

まず、記事の最初のつかみの部分と、解決策の提示のときは必ず使えます。

 

記事の最初は、つかみが必要です。

この部分は、いきなり本題から始めてしまうと、読者はこんがらがってしまいますが、最初に問いかけの文章を入れることで、自然な形に持っていくことができます(・∀・)

 

例えば、コピーライティングの重要性を書く記事では、

「コピーライティングは重要なんです。なぜならコピーライティングは・・・」

なんて始まってしまうと、読者は混乱してしまいます。

 

 

ここで代わりに、「問いかけの文章」を使ったらどうでしょうか。

例えば、

「コピーライティングって言葉を聞いたことはあるでしょうか?もしかしたら・・・」

という感じでしたら、圧倒的に読みやすいですよね!

 

 

他には、解決策の提示のときも使えます!

例えば「アフィリエイトで稼ぐ」といった記事の中で、

 

「お金を稼ぐには、アフィリエイトをしたらいいんです」

などと、いきなり解決策を書くより、

 

「お金を稼ぐ方法は本当にあるのでしょうか。安心してください、あるんです!

それが、アフィリエイトなんです」

 

といった感じで、「問いかけの文章」というワンクッションを入れます。

こういうものを使えると、読みやすい記事が書けますよ。

 

 

ここで話したことはあくまで、コピーライティングのスキルの一部です。

ブログなどを書くときには必ずコピーライティングのスキルが必要になります。

それができていれば読んでくれるような記事を書けますし、できなければ記事が死んでしまいます。

 

そして、コピーライティングのスキルを身につけるのに良い方法があります。

それは、現代広告の心理技術という本を読むことです。

 

この本は、ブログやSNSの投稿で必要なライティングのテクニックがたくさん話されていますし、今回の記事の話もその一部です。

 

本気でスキルを身につけて良い記事を書きたければ、手に取ってみてくださいね!

僕自身も、この本を読んでコピーライティングのスキルを磨きました!

お勧めの本の1冊になっています(^ω^)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のまとめ

・ブログには「問いかけの文章」を入れてみる

・問いかけの文章は、読み手を引きつけることができる

・現代広告の心理技術の本を読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

それでは、また(^^)/~~~

 

<関連記事>

[STEP6-4] コンテンツ投稿お役立ち④~良いコンテンツの特徴

[STEP6-5] コンテンツ投稿お役立ち⑤~コンテンツテンプレート

[STEP4-5] 投稿したコンテンツに立ちはだかる3つのNot

友だち追加


起業・独立ランキング

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です