[STEP6-4] LINE@の登録と初期設定

Pocket

んにちは、YUです。

今回も記事を見ていただきありがとうございます。

 

今回は、LINE@の特性を知ったうえで、まずは登録して初期設定していこうという話ですね。

 

LINE@は、お話した通りリストの管理と、お客さんを確保し続けるという意味でかなり有効ですので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

LINE@に登録する

LINE@を始めるには、携帯用のLINEアプリが必要です。

LINEをやっていない人はあまりいないと思いますが、もしやっていなければ、まずはLINEのアプリをインストールしておいてくださいね。

 

まず以下のサイトにアクセスします。

LINE@登録サイト

 

するとLINE@のトップページに行きますので、画面下の方の、

「認証済みアカウントに申し込む」というところをクリックします。

 

すると登録手順が出てきますので、まずは画面下の「LINEビジネスセンターに登録する」というところをクリックします。

ここで、企業情報を登録することになりますが、現在は会社を持っていなくても登録できますので、

画面の手順に沿って登録していきましょう。

 

LINE@の初期設定

LINE@の登録が済みましたら、まずは自分のアカウントの初期設定をしていきます。

どこで設定するかというと、

LINE@マネージャーというサイトで設定できます。

 

ここで設定するのは、

・LINE@の名前

・プロフィール画像

・カバー画像

・ステータスメッセージ

・友達追加時あいさつ

 

主にこの5つですね。

 

まず、アカウント設定→基本設定から、

プロフィール写真の横の、「編集する」をクリックします。

 

ここでLINE@の名前、プロフィール写真を変更できますので、自分の好きなものを設定しましょうね。

 

続いて、アカウント設定から、

プロフィールの横の、「編集する」をクリックします。

ここでカバー画像を設定しますが、カバー画像も、あなたのやっているビジネスに合ったものを使っていきましょう。

ちなみにサイズは、1080×878pxが推奨のようです。

 

またここで、「いいねとコメントを受け付ける」にチェックを入れておきましょう。

 

またアカウント設定に戻り、今度はステータスメッセージを入れます。

ここは20文字までしか入れられませんが、ターゲットに響きそうな言葉を入れましょう。

 

そして、大事なのが、「友達追加時のあいさつ」です。

LINE@の特性上、友達追加をされても、相手から何か返事をくれない限り、こちら側から個人的にメッセージを送ることができません。

 

そこで大事なのが、いかに相手に送らせるかということなんです。

そのためにも、友達追加時のあいさつを設定します。

 

ここでは何を伝えるかというと、LINE@でどんな情報が得られるかや、そこで返事をするとどんな良いことがあるか、そして何らかの質問ですね。

例えば返事をすれば、一回相談に乗れますよとか、どういう目的で追加したのかなど、そういったことを伝えます。

 

これをすることによって、直接相手とやり取りをできるんですよ。

すると、直接商品を販売するきっかけにもなりますよ。

 

さらに、中にはメッセージをするのを面倒がる人もいますので、「スタンプ1個でいいので送ってください」みたいなことを付け足しておくと、反応が良くなりますよ。

 

というように、LINE@に登録したら、まずは初期設定をやっていきます。

これはそこまで手間ではないので、簡単にできますよ。

ぜひ、設定しておいてくださいね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のまとめ

・LINE@に登録しよう

・登録したら、5項目、初期設定しよう

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

それでは、また。

次記事:[STEP6-5] 反応の良いLINE@の配信内容の考え方へ進む

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です