[STEP5-9] 見出しタグの正しい使い方

Pocket

んにちは、YUです。

今回も記事を見ていただきありがとうございます。

 

さて今回は、「Wordpressの見出しタグの使い方」について説明していきますね。

 

実は僕自身も最近、この重要性や使い方に気づいたのですが、良く分からないという人も多いと思いますので、シェアしますね。

WordPressを使っていく上でSEOにも効果がありますし、単純に見やすくもなりますので、しっかり落とし込んでおきましょう。

 

見出しタグとは何か

見出しタグとは何かというと、その名の通り見出しです。

 

WordPressでは記事を書いていきますが、記事を書いていると、一つの記事の中でもカテゴリー分けをしたくなることがあると思います。

 

仮に「新宿周辺のおすすめの飲食店」という記事を書くとします。

例えば、この記事の中で「飲み屋」「スイーツ」「カフェ」「ラーメン」というジャンルに分けて、お勧めのお店を紹介するとしますよね。

この時、記事の中でただ単に上から書いていくよりも、これらの項目で見出しがあった方が、記事が見やすいですよね。

なぜなら、何の話が記事のどこに書いてあるかが分かるからです。

 

見出しとは、基本的に記事の中のカテゴリー分けだと思ってください。

例えば、記事をA、B、C、Dの4つにカテゴリー分けした後、Bの中にさらにBa、Bb、Bcなどとカテゴリー分けをすることもできます。

 

そしてこれらのカテゴリーに見出しをつけるのが、見出しタグになります。

h1タグ、h2タグ、h3タグ・・・という名前で、番号が振られています。

 

この見出しタグにはいくつかルールがありますので、しっかり覚えて活用してくださいね。

 

見出しタグのルール

見出しタグにはいくつかルールが存在します。

順に解説していきますね。

 

記事のタイトルはh1タグ

まず、Wordpressの場合、ほとんどのテンプレートでは、タイトルに自動的にh1タグ(見出し1)が振られています。

よって、記事の中ではh2タグ(見出し2)から使っていきます。

 

見出しタグは数字を飛ばしてはいけない

見出しタグのルールとして、数字を飛ばしてはいけないというルールがあります。

例えば、h3タグを使ったあと、h5タグを使うことはできません。

 

ただし、h3タグを使ったあと、h3をもう一度使ったり、h4タグ、h2タグを使うことは可能です。

これはどういうことなのか、例を使って説明していきます。

 

見出しタグを使う例

例えば、さきほどの「新宿のお勧めの飲食店」というタイトルで記事を書くとして、

まずタイトルにh1タグが振り分けられます。

そして飲食店のジャンルに分けて記事を書いていくとして、最初のカテゴリー分け「飲み屋」「スイーツ」「カフェ」「ラーメン」に、それぞれh2タグを振り分けます。

 

この後、カテゴリーの一つ、「飲み屋」の中で紹介するお店が、「和民」「笑笑」「金の蔵」として、これらにさらなるカテゴリー分けとして、それぞれh3タグを振り分けます。

そしてそれぞれに記事を書いていきます。

 

「スイーツ」、「カフェ」、「ラーメン」にもそれぞれh2が振られていますが、この中でもまたカテゴリー分けをするなら、それぞれh3タグを振っていきます。

 

見出しにしない部分では、いつも通りに書いていけば大丈夫ですね。

 

まとめ

何となくイメージがつきましたでしょうか。

もちろん、この記事の中にも見出しタグは使っています。

見出しの番号によって見出しのデザインが違っていますので、確認してみましょう。

 

これがあるのと無いのでは、記事の見やすさが違ってきますのでしっかり覚えて、設定しましょうね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のまとめ

・見出しタグを設定しよう

・見出しタグとは1つの記事の中のカテゴリー分けのことで、いくつかルールがある

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

それでは、また。

次記事:[STEP6-1] LINE@とメルマガの7つの違いへ進む

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です