SNSのクリック率を5倍にする方法~嫌なこと回避

Pocket

んにちは。YUです。

今回も記事を見ていただきありがとうございます。

 

さて今回のテーマは、

「嫌なこと回避の言葉を使ってSNSからアクセスを集める」

という内容です。

 

インターネットを使って集客をしていると、どうしてもアクセスが集まりづらかったり、自サイトなどにクリックを促しても、伸び悩むことがありますよね。

本当にSNSを使っていて、自分のメディアに誘導できるんだろうか、と、悩んでしまうことはよくあります。

 

そんな集客のステップを効率的にしたい、というのは誰でも思っていることですよね。

 

そこで大事になるのはなにか。

それはコピーライティングになります。

これを考えられるようになると、効率はずっと良くなりますよ。

 

今回は、自サイトやLINE@に誘導するためのコピーライティングのテクニックを一つ、「嫌なこと回避」というものを紹介しますね。

 

 

 

「嫌なこと回避」とはどういうことか

ではコピーライティングのテクニックの一つ、「嫌なこと回避」はどんなものでしょうか。

 

それは、相手に「嫌な現実、なりたくない現実」を想像させて恐怖や不安にさせ、それを避けるために行動させるということです。

 

これを言うとヤバいテクニックなんじゃないかと思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。

確かに悪用している人もいますが、「相手を絶対に幸せにする、豊かにする」ということを徹底していれば大丈夫ですよ。

あなたの扱っている商品が良いものであれば絶対に大丈夫ですね。

 

 

例えばですが、あなたが健康系(栄養)のサプリメントを売りたいとします。

すると、仮に条件を

・誘導したいのは販売ページ

・商品から得られるメリットは身体の健康

・ターゲットは偏った食事をとっている、30代の独身のサラリーマン

ということを想定します。

 

ここで、見込み客にとっての嫌なことを考えてみますよ。

 

嫌なこと(箇条書き)

・栄養が偏ることによって疲れやすくなり、仕事の効率が悪くなる

・仕事の効率が悪くなると残業が多くなり、自由な時間も減る

・残業が増えて自由な時間が減るとストレスがたまる

・しかも上司に、「お前は仕事できないな、もっと考えてやれよ」と言われる

・ストレスがたまって、家に帰って食事を準備するのも嫌になりまたコンビニ弁当になる

・余計に栄養が偏り、今度は階段で息が切れるようになった

・また残業時間が増え、帰りの電車も座れない

・余計にイライラする

・ついに限界を越え、勢いで会社を辞めてしまう

 

実際に僕はサプリメントを売っているわけではないので、サプリメントでどんな効果があるかはよく分かりませんが、こんな感じで嫌なこと、回避したいことを書き出します。

 

そしてその次に、最悪な現実を回避する方法、その理由を考えていきます。

 

・回避する方法は、○○のサプリメントを手に入れること

・なぜならこのサプリは栄養不足を一発で解消するから

・偏った食事をとっていても大丈夫

・すると疲れにくくなり、仕事もはかどる

・残業が大幅に減り、ストレスも解消

・イライラが無くなった上に上司からも認められ、楽しい毎日に

・過去のデータからも、このサプリを使った人の10人に9人は残業時間が45%減ったというデータがある

 

これらを組み合わせて、嫌なこと回避のコピーを考えてみましょう。

 

嫌なこと回避のコピーの例

では、上で考えたことをもとに、クリック率を上げるようなコピーを書いてみます。

 

twitterやfacebookに載せる短いキャッチコピーなら、例えばですが

「残業だらけで疲れてイライラしたくなければ○○を手に入れてください」

こういった感じで書かれていれば、ついついクリックしたくなりませんか。

 

他には、短いセールス文なら、

「あなた、残業だらけでイライラしていませんか?

実はある原因によって体がかなり疲れやすくなるんです。

仕事の効率も悪くなって残業だらけになるのは、あなたのせいでなくその疲れのせいなんです。

このまま残業だらけでイライラして、最悪会社で働けなくなってしまいたくないなら、○○の方法を試してください」

 

これはあくまで例えですが、嫌なこと回避をベースにしてコピーを作ることができます!

他にも方法はありますし、扱っている商品によってはこの方法が使えない場合もありますが、覚えておいて損はないです。

 

まとめ

嫌なこと回避のテクニックを使うことによって、SNS上でのクリック率を上げることができます。

もちろん、ブログなどでも応用できますよ。

 

ただし覚えておいて欲しいのは、どんなコピーが刺さるかは試してみないと分からないんです。

なのでいろんなコピーを作成して試してみて、反応が良いものを探してみてくださいね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のまとめ

「嫌なこと回避」からコピーを作れる

・コピーライティングはクリック率を上げ、効率化ができる

・刺さるコピーかどうかはやってみないと分からない

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

それでは、また。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です