脱サラして失敗しない7%に入る4つの法則

Pocket

んにちは、YUです。

今回も記事を見ていただきありがとうございます。

 

さて今回のテーマは、

「脱サラして失敗しないための4つの法則」

についてです。

 

国が出しているデータによると、脱サラ起業しても、10年間生き残る会社は7%だそうです。

しかもこれは法人だけのデータですので、個人の場合はほとんど生き残れないでしょう。

 

ですが、脱サラして失敗しない人には、ある程度法則があります。

それを避けるためにも、4つの法則をお話しますね。

 

脱サラして失敗しないための4法則

脱サラしても失敗しないためには、いくつも法則があるのですが、特に重要な4つの法則があります。

 

それは、

1.ホリエモン起業4箇条を守る

2.メンターから素直に学ぶ姿勢

3.時間を効率的に使う

4.好きなことで起業する

 

この4つですね。

順に解説していきますね。

 

1.ホリエモン起業4箇条を守る

ホリエモン起業4箇条は、起業した時のマインドというより、安全に起業するための条件になります。

その4箇条とは、

・利益率の高い商売

・在庫を持たない商売

・定期的に収入が入る商売

・小資本で始められる

 

これらですね。

 

・利益率の高い商売

利益率が高いとどんな良いことがあるかというと、単純に少ない労働で、安定的に利益を確保できることですね。

 

例えば利益率が20%と60%の商品で、販売価格がどちらも5万円だった場合、同じ利益を出すためには、20%の方の商品は3倍売らなければいけません。

しかしお客さんにとっては、こちらの利益率がいくらとかは関係なく、お客さんが考えるのは販売価格のみです。

 

なので、当然利益率の低い商売は割が悪く、危険度が高くなってしまいます。

そこで、起業するんだったら利益率の高いのが良いですよね。

 

・在庫を持たない商売

在庫を抱えるということは、万が一商品が売れなかった場合、それは原価分のコストになります。

そのため、在庫を抱える場合は、いかに売れ残らないようにするかを考えなければいけません。

 

商品を売るのではなく、代わりにサービスを売る場合は、在庫を抱えないものが多いです。

在庫を抱えない起業は安全度が高くなります。

 

・定期的に収入が入る商売

起業すると心配になるのが、資金が枯渇するということです。

しかし、毎月一定額の収入があったとしたら、その心配は激減しますよね。

 

世の中のビジネスでは、定期収入があるのはどんなものがあるかというと、

・会員制のフィットネスクラブ

・TSUTAYAの月額サービス

・健康食品の定期宅配

などがあります。

 

こういったものを応用して、例えば月額会員制のビジネスなどを選ぶと、定期収入を得やすくなりますよ。

そうすれば、倒産のリスクが激減し、安心も得られます。

 

・小資本で始められる

もう一つ大事なことは、資金がかからないということです。

起業っていうと難しく考えてしまいがちですが、ランニングコストがほとんどかからないものもたくさんあります。

 

例えば店舗を構えるとか、事務所を構えるとか、設備投資が必要ってなるとかなりの資金が必要になります。

ですが、実際は資金がいらない起業方法もたくさんあります。

 

例えば、アフィリエイトだったり、紹介ビジネス、コーチング、便利屋などは、ほとんどコストがかからない部類ですね。

小資本で始められる起業を選べば、リスクを限りなく低く抑えることができますし、借金もする必要がないです。

 

2.素直に学ぶ姿勢

脱サラするとなると、プライドを持っている人もたくさんいると思います。

「俺は脱サラするくらい優秀なんだから、できるに決まっているぜ」

みたいな感じで、ついつい大きくなりがちです。

 

もちろん、プライドを持つこと自体は悪いと思いません。

むしろ、持つべきプライドもあると思います。

 

ですが、「自分はできる」と思い込んで、脱サラしたあと独学でやっていこうとしたり、メンターをつけても、あまり言うことを聞かないというのは非常に危険です。

 

まず前提として、メンターは、自分が成功するまで乗り越えてきた様々な経験があるので、あなたが成功するまでの道を知っているんです。

そしてメンターは、間違ったやり方をしてしまうと、努力が無駄になるだけでなく、良くない方向にいく可能性があることを知っています。

 

だからこそ、余計なプライドを持たずに、メンターや、他の成功者から学ぶという姿勢を持ってほしいんです。

言われたことは何でもやる、やらなくていいと言われたことはやらない、そして考え方ややり方などは、素直に学ぶ。

 

これが、脱サラして失敗しないための条件の一つですね。

 

3.時間を効率的に使う

脱サラして失敗しないための3つ目の条件は、時間を効率的に使うことですね。

 

脱サラした時は、会社からの解放から、ついつい遊びたくなりがちです。

そして時間的な拘束がないので、1日中時間があると、頑張るどころか逆にだらけてしまいそうにもなります。

だからこそ、時間を効率的に使うことが重要になります。

 

ぐだぐだタイムをなるべく減らすのを最低限の条件として、その上で、時間をもっと効率的に使うことを考えます。

例えば、

・外食をすると時間がかかるので、ご飯は家で食べる

・お風呂は少し短めにする

・効率を良くするため、リラックスタイムを適宜設ける

・電車の中は勉強のための本を読む

・起業と関係ない予定は削除する

・集中力が切れてくるので、切れたら他のことをやる

などのことを実践して、時間効率を良くします。

 

また、一つの作業を終えて、満足してついのんびりしないことも重要ですね。

無駄な時間を減らすことで、効率を良くしていきましょうね。

 

4.好きなことで起業する

脱サラして失敗しないためにも、起業する分野は、好きなことを選ぶのが良いです。

 

たしかに儲かりそうかということも重要ですが、それだけで選んでしまうと、そもそも続かなかったり、本当にやりたいことを見失ってしまいます。

これだったら脱サラしないほうがいいじゃないか、ということにもなりかねないので、自分の好きな分野を選ぶと良いですね。

 

起業とはまた違いますが、ネットワークビジネスに参加して、労働がむしろ増えてしまって、借金も抱えるようになってしまって、「自分のやりたかったのはこれじゃない」と思うパターンです。

こうなってしまっては元も子もないですよね。

 

もっとも、起業したいという人は、特定の分野に熱意を持っている人が多いので、大金を稼ぐことをメインに考えていない人は、そこまで考えなくても大丈夫ですね。

 

まとめ

脱サラして失敗しないためにも、必要なこと、考えておくことをお伝えしましたが、いかがでしょうか。

脱サラを考えているという人にとって、一番の心配は失敗しないかということですよね。

 

脱サラして失敗しないためには、ホリエモンの起業4箇条から安全なものを選んだり、実際に脱サラしたあとも、失敗しないための行動を取っていってくださいね。

これだけ覚えておくだけでも、脱サラ失敗のリスクを減らすことが出来ます。

 

ぜひ、望む未来を作っていきましょうね。

それでは。

 

<関連記事>

起業したい人がサボってはいけない3つの勉強すべきこと

フリーランスが「仕事がない」なんてならない決定的方法

ブログを書くだけで収入を得る2つの方法

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です