今すぐ脱サラしたい人へ~スタート前の3つの条件

Pocket

んにちは、YUです。

今回も記事を見ていただきありがとうございます。

 

さて今回のテーマは、

「今すぐ脱サラしたい人が脱サラするための3条件」

についてです。

 

もちろん、働いている人の中では勤め人が圧倒的に多いのですが、今すぐ脱サラしたい、という人は多いと思います。

なぜなら、働いても給料は安い人もいますし、労働時間が長くていいように使われている人もいるからです。

 

ですが実際、脱サラするとなると、怖いところもあると思います。

そこで、脱サラしても大丈夫な場合の3条件を、お伝えしていきますね。

 

安全に脱サラして、成功するためにもしっかりと見ておいてください。

それでは、始めていきます。

 

脱サラしたいといって脱サラして大丈夫なのか

まず気になるのが、軽々しく「脱サラしたい」だなんて思って脱サラしていいのか、ということですよね。

 

結論から言うと、脱サラしてやっていくことは可能です。

ただし、楽ではないですね。

 

もちろん会社勤めのときよりは稼ぎやすく、人間関係のストレスも減っていいのですが、楽かというと、そういうことはないです。

 

ただし、最初は大変だけれど、楽な状態を作ることは可能ですね。

結果を出すまで最初さえ我慢できるなら、脱サラしても大丈夫です。

 

実際、僕の知り合いでも、脱サラして1年くらいはかなり頑張りましたが、そのあとは投資をやって自由な生活をしていますね。

 

結果が出るまでは少し大変ですが、結果が出るようになってしまえばこっちのものです。

基本的に脱サラしたあと、やるべきこと自体は難易度が低いので、中学生でもできるようなことばかりです。

となれば、あとはやるだけですので、そこさえ頑張れれば大丈夫ですね。

 

ちゃんとやれば、脱サラして、余裕を持って生活できるくらい稼ぐことができます。

 

脱サラをしてもいい3つの条件

ここで、「脱サラしたい」と思って脱サラしてもいい条件が、3つあります。

最低限、この条件をクリアしていれば、脱サラをしても大丈夫ですね。

 

その条件とは、

・脱サラ後のことに熱意を持っている

・1年間無収入でも耐えられる貯金

・ビジネスモデルが決定している

 

この3つですね。順に解説していきます。

 

1.脱サラ後のことに熱意を持っている

まず最初の条件として、熱意を持っていることが重要です。

脱サラしたい人が脱サラしてもいい条件を3つお伝えしましたが、その中でもこの条件だけは外せません。

 

なぜなら、熱意に関しては、成功と一心同体です。

熱意さえあれば、嫌なことにぶつかったり、上手くいかないことがあったりしても、あきらめなくて済みます。

逆に、熱意が無かったら、すぐにあきらめがちになってしまうんです。

 

まだ脱サラしていない人はピンと来ないかもしれませんが、脱サラすると、何度も壁にぶち当たります。

例えば、思っていたよりも集客できないとか、思ったよりもお金が稼げないとか、ランニングコストが意外とかかるとか。

他にも、営業が上手くいかないとか、ブログが上手く書けないとか、そういった悩みまでいくらでも出てきます。

 

そうなったときに、明暗を分けるのが熱意なんです。

 

何となく会社が嫌で脱サラしたい、と思って、熱意がない人はそこで終わってしまいます。

 

ところが、「絶対に自分は成功するんだ」という熱意がある人は、そこで踏ん張ります。

むしろ、それまでよりも力を入れて頑張るので、成功しやすいんですよ。

 

というわけで、「脱サラしたい」と思ったとき、第一の条件として熱意が必要ですね。

 

2.1年間無収入でも耐えられる貯金

2つ目の条件は、1年間無収入でも耐えられる貯金ですね。

つまり、しばらく上手くいかなかったとしても、破産しないという余裕ですね。

 

脱サラすると、当然結果が出るまでは無収入になります。

そして、いつから結果が出るかは人によって違うので、その間は不安と戦うことになります。

 

このとき、1年くらいは無収入でも耐えられる貯金があれば、安心感が全然違います。

しかも、仮に1年で結果が出なくて、生活のためにバイトなどを始めたとしても、結果を出すための行動が習慣になっています。

さらに、1年間の積み重ねがあるので、そこから結果を出すのはそんなに時間がかからないですね。

 

この1年間の余裕が、大きなアドバンテージになります。

これは必須ではないですが、脱サラをしたい人は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

3.ビジネスモデルが決定している

脱サラをしたい人が脱サラをしても大丈夫な3つ目の条件は、ビジネスモデルが決定していることです。

これはどういうことかというと、脱サラした後にやりたいことが決まっているということですね。

 

この条件も、安心感を得るためにもほぼ必須ですね。

なぜなら、脱サラしたいからといって、闇雲に辞めると不安になってしまうからです。

 

そこで、自分がやるモデルを考えてから脱サラします。

モデルは、転売、アフィリエイト、ネットワークビジネス、代理店、営業代行、個人店、投資など様々あります。

ちなみに僕がお勧めなのは、アフィリエイトか、営業代行ですね。

 

なぜなら、このモデルの場合、ランニングコストがあまりかからないですし、得られる結果も大きいからです。

なおビジネスモデルについては、「ビジネスモデルと商品を決めよう」でお話しています。

この記事を参考にして、決めてくださいね。

 

ちなみに、中には今の仕事が嫌すぎて、とりあえず脱サラする人もいるのですが、このパターンは危ないと思ってください。

なぜなら、ネット上の詐欺に引っかかりやすいからです。

 

焦っていると、変なビジネスの勧誘にあったとき、わらをもつかむ思いで飛びつきやすくなってしまいます。

そして、そんな状況で目に入るのは、たいてい変なビジネスですので、とても危険です。

 

なので、脱サラしたいと思ったとき、してもいい条件の3つ目は、ビジネスモデルが決まっていることですね。

これはどんな人にも有効なことですので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

まとめ

脱サラしたいと思ったとき、本当にしてもいいのか、3つの条件をお話してきました。

これらは、成功させるためにもどれも重要なことです。

 

この3つの条件を考えることで、安全に脱サラできますし、自由な生活も手に入れられますので、ぜひ参考にしてくださいね。

それでは、また。

 

<関連記事>

脱サラして失敗しない7%に入る4つの法則

起業したい人がサボってはいけない3つの勉強すべきこと

独学で起業した場合上手くいくのか?徹底解説

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です