マーケティング戦略を決める3つの自分軸

Pocket

んにちは、YUです。

今回も記事を見ていただきありがとうございます。

 

さて今回のテーマは、

「自分の軸を3つ決めて自分のビジネスに生かそう」

ということについてです。

 

ビジネス活動をしていると、必ずマーケティングが必要になってきます。

これは、アフィリエイトだろうとネットワークビジネスだろうと、みんな同じです。

しかし、「マーケティングは必要だ」ということが分かっていても、実際に使えていない人は多いです。

 

なので、今回もマーケティングの話をしていくのですが、ここで考えてもらいたいことがあります。

それについてお話していきますね。

 

マーケティング戦略「自分の3つの軸」

ビジネス活動で考えたいこと。

それは、「自分の3つの軸」です。

つまり、自分の中の何を中心にしてビジネス活動をしていくかということですね。

 

軸って意外と軽視しがちですが、これはすごく大事なことです。

 

例えばプロ野球とかだって、監督はみんな戦略を考えますよね。

・相手に打たれ始めてしまったら、どのタイミングでピッチャーを交代するのか

・今ワンアウトだけどバントを打たせるのか

・代走を入れるのか

など、様々な戦略があります。

 

でも、これらの戦略は適当に決めているかと言えば、そんなことはありませんよね。

そう、その監督ごとの経験、つまり、監督の軸があるから、それを元に戦略を練れるんです。

 

これは、ビジネスにおいても同じです。

必ず、自分の軸を持ってください。

 

自分の軸を持てば、ビジネス活動でぶれることがなくなりますし、その軸を元に行動を決めればいいので、ずっと楽になりますよ。

 

自分のビジネス活動の3つの軸とは

では、自分の活動の軸はどうやって考えるのか。

それは、自分がやりやすく、かつ効率的になるように、3つの軸を考えていきます。

 

例えば僕の場合は、

ネットビジネスをしたいと考えているが、困っている人を対象に、

インターネット集客・販売に関する重要なスキルを届け、

さらに、過激な表現も混ぜています。

 

よって、僕の場合の軸は、

ネットビジネス × インターネット集客  × 過激な表現

これが僕の3つの軸になります。

 

このブログではあまり使っていませんが、僕のtwitterやアメブロ、facebookでは、けっこう過激な表現を使っています。

見たことがある人は知っているかもしれませんね。

 

ポイントとしては、

・誰に

・何を

・どのように

 

ってところで、3つの軸を設定するといいと思います。

僕の場合の軸は、この流れに沿ってあります。

 

ちなみに、この軸の範囲を広げすぎてしまいますと、ブレブレになってしまって、

軸がおかしくなってしまいますので、注意してください。

(と言いつつ、僕も最初はブレブレでした)

 

例えば、「誰に」の部分を「稼ぎたい人」なんてやってしまうと、

稼ぐための種類って本当に幅広いですよね。

 

アルバイト、会社員、副業、起業、ビジネス・・・って感じで、そもそも稼ぐ形態から様々ですし、

具体的な金額もわけが分からなくなってしまいますよね。

 

これは良くないので、しっかり絞り込みましょう。

 

もちろん、「何を」「どのように」の部分も同じです。

「何を」届けたいのかを明確にしなければ、発信する情報がブレてしまいますので、必ず絞り込んでくださいね。

 

こうして、3つの軸を設定しておくと、ビジネスで何をやればいいのかが明確になりますので、覚えておいてほしいところです。

 

まとめ

ビジネスではマーケティング戦略が超重要です。

そしてその基本として、3つの軸を決めておけば、かなり活動しやすくなるはずです。

 

3つの軸は、「誰に」「何を」「どのように」の部分を考えていきましょう。

 

最初、始めた頃は、どうしてもいろんなところを取りたくなるかもしれませんが、いろんなところを取っていては軸がブレブレになってしまいます。

なので、よく考えて絞り込んでいきましょうね。

 

それでは、また。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です