他のビジネスマンに格の差を見せる方法~自分自身で差別化

Pocket

んにちは、YUです。

今回も記事を見ていただきありがとうございます。

 

さて今回のテーマは、

「自分自身の在り方や態度で競合と差別化する」

ということです。

 

もしかしたらこれを読んでいる人の中には、何となくインターネットで何らかの事業をしている人もいるかもしれませんね。

逆に、自分の強みや競合との違いをはっきりと分かっている人もいるかもしれません。

 

どちらにせよ、競合の事業者との違いは分かっていなければいけませんし、それを実際に活用できて初めて生きてきます。

逆に競合と差別化できなければ埋もれてしまうことになります。

埋もれてしまうということは、成功できなくなるということです。

 

それを防ぐためにも、しっかり落とし込んでくださいね。

 

それでは、始めていきます。

 

競合との差別化ができていないとどうなるのか

まず、競合と差別化ができなかった場合どうなるのか。

それは、さきほどと同じように埋もれてしまいます。

 

埋もれるとはどういうことかというと、身近なもので考えて欲しいのですが、

例えばチョコレートのメーカーを思い浮かべてください。

 

高級なチョコレートではなく、スーパーで売っているような安価で買いやすいものです。

 

明治、森永、不二家、ブルボン、グリコ、ロッテ・・・・

パッと僕が思いついたのはこれくらいです。

 

おそらく、皆さんが思いつくのも5~9種類くらいだと思います。

これはなぜかというと、人間が記憶できるのは1つのカテゴリーにつき5~9個だと言われているからです。

 

チョコレートだけでなく、例えばクッキー、ハムや車など他のメーカーでも同じようなことが起こり、思いつくのは5~9種類くらいです。

 

ということは、あるカテゴリーで最低でも上位9位に入らなければ埋もれてしまうということになります。

 

先ほどのチョコレートの例をもう一回出しますが、チョコレートを作っているメーカーは、規模の小さいところも含めるとたくさんありますよね。

ところが先ほど考えてみたとおり、人々の心に残っているのは5~9種類のメーカーなんです。

僕は6つでしたね。

 

人々の頭に残る企業は、明らかに差別化ができているんです。

逆に、出てこなかったような他のメーカーは埋もれているということになります。

すると、圧倒的に不利になってしまうことは言うまでもありませんよね。

 

これは人ごとではなく各種個人事業・インターネットビジネスでも同じことが起こります。

 

個人事業の範囲でも埋もれるとはどういうことか

twitterやfacebook、アメブロなどをやっていればすぐに分かりますが、同じようなことをやっている人はたくさんいるんです。

 

例えばあなたが「稼ぐ系の商材のアフィリエイト」をやっていたとしますよね。

ここでtwitter上にAさんという、お金に困っていて現状を変えたいと思っている人がいたとします。

このAさんはあなたのターゲットになりそうな人ですよね。

 

そこでAさんをフォローすると、Aさんがフォローを返してくれました。

 

「よし、これでAさんが俺の投稿見てくれる!」

 

と思ったのもつかの間、Aさんのフォローのリストを見ると、

あなたと同じように稼ぐ系のアフィリエイトをしている人がわんさか出てきます。

 

つまり、競合の事業者がたくさんいるんです。

すると普通にやっているだけでは、Aさんにとってあなたはその他大勢と同じポジションになってしまい、上手くいかなくなってしまいます。

 

これでは非常に困ってしまいますよね。

 

最強の差別化方法

では、実際にどうやって競合と差別化していくのか。

 

一つは発信している情報も関わってきますが、やはりあなたの事業者、起業家としての在り方・態度が非常に大切になってきます。

 

お客さんもバカではありませんので、「この人嫌だなぁ」と思う人にはついて行きたがらないですし、商品を買うなんてもってのほかです。

 

もちろん相性もありますが、僕自身、起業家として活動している中で、いろんな人の投稿を見たり、やり取りをしているときも、

・この人の投稿はちょっと・・・

・この人は傲慢だなぁ

・この人は上から目線で嫌だなぁ

 

などと思うことはけっこうあります。

例えば、投稿で文句を言っていたり、批判をしている人は好ましくないですよね。

 

ただし、ネガティブな投稿の中にポジティブな要素があれば別です。

例えば

「バイト先の居酒屋の店長がうぜー」

では好感が持てませんが、

 

「バイト先の居酒屋の店長うざいけど、○○なところを直したらもっと良くなるよなぁ、△△なところは好きだから改善して欲しい」

 

といった投稿なら、好感が持てますよね!

 

当たり前ですがネガティブなイメージを持たれてしまったらそこで試合終了です。

 

だからこそ、あなたの発信する情報やあなたの態度が勝敗を決めることになります。

さきほどのtwitter上のAさんに話を戻しますが、Aさんに興味を持ってもらうためには、「この人は素晴らしい人だ」と思ってもらうことが必要ですよね。

 

そのためには、普段からちゃんとした態度を取っている必要があるんですよ。

普段からそうしていないと、いざという時に簡単に尻尾を出してしまうことになります。

 

逆に態度をしっかりしていると、自然に競合と差別化を図ることができ、埋もれてしまうことにならずに済みますよ。

 

というわけで、自分自身の態度やあり方、接し方を考えて差別化して、有利に活動していきましょう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のまとめ

・競合と差別化ができないと大変な状態になる

・自分自身の態度・在り方で差別化できる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

それでは、また。

 

<関連記事>

競合の事業者と確実に差別化する方法~商品を光らせる

稼げるブランディング戦略~礼儀正しさ

稼げるブランディング戦略~誠実さ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です