[STEP2-1] インターネットビジネスで稼ぐまでの流れ

Pocket

んにちは、YUです。

今回よりSTEP2に入っていきます。

 

STEP1では主に必要なサイトの登録でしたね。

これで最初の準備が整い、次に何をするかですが、この記事の話を読み飛ばしてしまうと意味が分からなくなってしまうので、必ず落とし込んでおいてくださいね。

それくらい重要な話になります。

始めていきましょう。

 

この記事を読んでいる人は、大きく分けて2通りだと思っています。

 

・すでに売っていく商品・サービスを決めている人、フリーランスでやりたいことが決まっている人

・売っていく商品を決めていない人、ビジネスモデルを決めてない人

 

 

どちらにしても共通する大事なことがありますので、それを解説していきますね。

ここで売る商品が決まっている人ですが、売っていく商品は例えば、

 

アフィリエイターなら

ダイエットに良い食べ物、役に立つ本、情報商材、家電、amazonや楽天の商品など

 

自分の商品やサービスを売るフリーランスなら、

イラスト、占い、マッサージ、ヒーリング、コンサルなど

 

一例を挙げてみましたが、このような感じになると思います。

こういった人は、このサイトに書いてある通りにノウハウを実践すれば、ネットビジネスで稼ぐことは可能になります。

 

ネットビジネスで稼ぐ共通の流れ

ここで、何をするにしても、結果を出すための定跡というか、共通している流れというものがあります。

この流れはすごく大事なことなので、しっかり頭に入れておいてくださいね。

 

それは、

1.お客さんになりそうな人(見込み客)を集める

2.見込み客を教育する

3.見込み客に商品を提案し、買ってもらう

基本的にこの流れになります。

どんなビジネスモデルでも、共通のことです。

順に解説していきますね。

 

1.お客さんになりそうな人(見込み客)を集める

まずお客さんになりそうな人を呼んでくる、ということをします。

お客さんがいなければ、何をやるにしても成り立ちませんよね。

ラーメンの屋台が、僻地でお客さんが絶対来ないのにラーメン作って待っているような状態では、まず稼げないことを考えれば分かると思います。

 

ラーメン屋は街中にお店を出せばお客さんはある程度来ますが、ネットビジネスでは、お客さんは自分から呼びに行かないとなかなか来てくれないんです。

そこで、お客さんを呼ぶための行動が必要です。

ネット上でビジネスをするみなさんなら、SNSやブログを使うことでお客さんを集められます。

ここで、第一段階が整います。

 

2.見込み客を教育する

お客さんがあなたのところに来たら、今度は興味を持ってもらうことが重要になります。

 

なぜなら、初めて来たお客さんのほとんどは、あなたのことについてもあなたの商品も、ほとんど分かっていないからです。

そこで、SNSやブログ上で役に立つ、前向きな投稿をしたり、メルマガの中で必要性を訴えたり興味づけをして、どんどんあなたのファンになってもらいます。

 

3.見込み客に商品を提案し、買ってもらう

集客して、その人たちにファンになってもらったら、ここで商品の提案をする、という感じです。

これはブログ上か、メルマガ上で提案することが多いです。

 

いきなり「買ってください」では買ってくれませんが、あなたのファンになっている状態なら買ってくれる可能性はかなり高くなります。

この流れに沿ってやれば、お互い気持ちよく取引できますよ。

 

ネットビジネスの流れを恋愛に例えると

この流れは恋愛に例えると分かりやすいかもしれませんね。

 

1. 恋愛対象になる好きな人を見つける(集客)

2. 好きな人にアプローチする(教育)

3. 告白する(商品販売)

 

こんな感じですね。

ネットビジネスも恋愛の時と同じ考え方で大丈夫です。

個人で稼いでいくためには、この流れに沿ってやっていきます。

 

まとめ

「お客さん集め → 教育 → 商品を買ってもらう」という流れを、SNSやブログ、メルマガなどのツールを使ってやろう、というのが、このブログで解説している目的です。

フリーランスのように商品を持っている場合でも、商品を持っていない場合でも、対応可能です。

 

あなたには、まずSNSを構築してもらうのですが、具体的にどんなことをすればいいかは少し後の記事で解説しますね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のまとめ

・結果を出すための共通の流れは、①お客さん集め、②お客さんの教育、③商品の提案と販売

・どんなネットビジネスでも、応用できる

・SNS、ブログ、メルマガを使って運営していく

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

次の記事では売る商品が無い人、ビジネスモデルが決まってない人がまずやることを話しますね。

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

次記事:[STEP2-2] ビジネスモデルと商品を決めよう

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です