[STEP2-6] ビジネスの正しい情報発信の考え方

Pocket

んばんは、YUです。

今回も記事を見ていただきありがとうございます。

今回もインターネットを使ってビジネスをするのに欠かせないことを伝えていきますので、ぜひ目を通しておいてくださいね。

 

さて、今回のテーマは、「ネットビジネスで発信する情報の決定」です。

これはアメブロやtwitter、Instagram、ゆくゆくはWordpress、LINE@で発信していく情報になります。

 

ここを決めておかないと、方向性を見失ってしまいますので、しっかり考えていきましょう。

 

情報発信をしなければいけない理由

ん?待てよ。そもそも商品を買ってもらってお金を稼ぐだけなのに、なんで情報発信をしなきゃいけないんだ?

と思った人もいるかと思います。

ですが、これにはいくつか理由があるんです。

 

それは、

① 集客のため

② あなたのファンになってもらうため

③ 商品の必要性を訴えるため

④ 商品を買ってもらうため

大きく分けて、この4つです。

 

まず集めたいお客さんの属性に合った、価値のある情報を発信すると、第一段階として目に留めてもらうことができます(集客)

そしてどんどん記事をためていくなど、繰り返し情報を発信することにより「この人は面白い、価値のある情報をくれるんだな」と信頼し、ファンになってくれるようになります。

 

さらにその中で商品の価値や、商品によって解決できる問題を示して興味を持ってもらい、最終的には商品を販売して、お客さんにすることができます。

 

実はこういった流れを踏むために情報発信をする必要があるんです。

 

 

ですが、もしこのような情報発信が無かったらどうなるか。

 

例えばあなたがサプリメントを売っているとして、いきなり「サプリメントはこちら」なんて宣伝しても誰も興味を示しませんよね。

「お前誰だよ、売りつけてんじゃねーよ( ̄д ̄)」ってなって終わりです。

なので、情報発信はしっかりやっていく必要があるんです。

なんとなく分かりましたでしょうか。

 

情報発信の内容の考え方

さて、この発信する情報の決め方・考え方なのですが、前回、前々回の記事で、売っていく商品の価値・ベネフィットと、ペルソナ(商品を買ってくれそうな人)について考えましたね。

こちらは紙に書き出して欲しく、適宜修正や付け足しをしてほしいのですが、みなさんいかがでしょうか。

 

今回の記事では、この書き出してもらった商品のベネフィット・ペルソナを元に発信する情報を考えてもらいます。

もう一度価値とペルソナを復習したい、考え直したい方は以下をクリックしてくださいね。

売っていく商品の価値についてはこちら

売っていく商品のペルソナについてはこちら

 

情報発信の内容の決め方

発信すべき情報の決め方ですが、ペルソナ(商品を買いそうな人)の抱えている悩みと、商品の価値に関連した情報にします。

ここで、例を示しますね。

 

例えば青汁を売りたい場合は、

ペルソナ → 食生活が偏った人、健康を維持したい人など

青汁の価値 → 栄養バランスの確保、身体の機能の維持など

 

ペルソナと青汁の価値から決める、青汁を売る際の情報発信の例

・食生活が偏ってしまう理由

・改善できる食事メニュー

・優先的に取っておきたい栄養素

・健康を維持する方法

・特定の青汁を90日間試した効果

・青汁の効果と毎日の運動の効果の比較

など

 

このように、何かの悩みを抱えている人にとって、役に立つ情報を発信していきます。

そしてゆくゆくは、あなたの悩みは青汁によって簡単に解決できるんですよという流れに持っていきます。

 

もちろんみなさんはそれぞれ違う商品を売っていくことになるので、発信する情報は一人ひとり違います。

なので、自分が良いと思った情報を発信するようにしてくださいね。

このSTEPでは、どんな情報にするか決めるだけで大丈夫です。

 

まとめ

情報発信はどんなことをすればいいのか、分かりましたでしょうか。

 

一応、このサイトでお伝えしているインターネットビジネスのやり方では、ここで決めることになっていますが、多くの方は今後情報発信している途中で変わるかもしれません。

というのは、いざアメブロなどで情報発信してると様々な気づきがあるものです。

 

この情報では狙ったターゲットをあんまり集められないとか、ほかの情報の方がいいかなぁとか思うことがあります。

そういうときは、適宜考え直してくださいね。実際に記事に書いてみて、経験しないと分からないこともあるものです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のまとめ

・今後発信していく情報を決定しよう

・商品の価値とペルソナから考えていこう

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

では、また次の記事でお会いしましょう。

次からはSTEP3に入ります。

次記事:[STEP3-1] 各SNSの特徴と役割について

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です