[STEP3-1] 各SNSの特徴と役割について

Pocket

んばんは、YUです。

今回も記事を見ていただきありがとうございます。

 

さて、この記事では、インターネットビジネスをするにあたって、改めてSNSの役割と特徴を示していきますね。

SNSはどんなことをやるにしても、集客の媒体として優秀な働きをしますので、しっかり理解してくださいね。

 

SNSの役割・位置づけとは

SNSは、あなたの本メディアへの誘導というか、入り口としての役割を果たします。

本メディアというのは、あなたの商品やサービスを売ったり、お客さんとより濃い関係を築くところです。

WordPress、メールマガジン、LINE@などがそれに当たります。

 

イメージとしては下の図のような感じですね。

 

入口となる各SNSで集客し、本メディアに誘導してより濃い情報を発信し、商品やサービスを売っていきます。

これが、インターネットを使った集客のやり方ですね。

 

SNSは特性上、上手く使えば早い段階から集客をすることができます。

しかし、SNSには運営会社のルールがありますので、商品を売るのに制限があります。

 

それに対し本メディアは、あなたのメディアですので、商品を売るのに制限がないです。

ただし、特性上、集客に時間がかかってしまいます。

 

そこでSNSと本メディアのコンボを使うんですよ。

集客はSNSでやって、本メディアで商品を売っていく。

 

これによって、効率的にネットビジネスをすることができますよ。

なんとなくお分かり頂けたと思います。

 

アメブロの特徴

無料ブログの中でも、コミュニケーションツールが多いのがアメブロです。

ただし、直接商品を売ったり、アフィリエイトリンクを貼るなど商業利用のほか、アダルトコンテンツは禁止されているんです。

ここに関しては気を付けましょうね。

 

アメブロの目的は、

・記事を書く練習

・本メディアへの誘導(高い集客力を生かす)

この2点です。

 

本メディアではしっかり記事を書いていくので、その練習を兼ねて記事を投稿していきます。

また、ツールの運用により自動集客も可能になりますよ。

 

特徴

・字数:1投稿当たり1000~1500字

・投稿頻度:理想は毎日。無理なら週に2~3投稿

・写真:必須でない

・集客:ペタ、コメントなどのコミュニケーション、検索エンジンからの流入

 

twitterの特徴

twitterはなんといっても字数が少ないため、投稿は比較的楽です。

運用できるなら、複数のアカウントを持つのも手ですね。

ツールを使うことにより自動集客、自動投稿も可ですよ。

 

twitterはビジネス臭のする投稿はあまり好まれませんので、前向きな投稿を主にしていきます。

 

特徴

・字数:140文字まで

・投稿頻度:1日2~4投稿が理想

・写真:必須でない

・集客:完全にフォロワーの数と質に依存

 

Facebookの特徴

アメブロやtwitterと比べ、信頼関係をより築くメディアでもあります。

乗っ取られることもあるので、特に外国人や投稿のない人からの友達申請には注意が必要です。

 

実名での運営が基本ですが、中には偽名で運営している人もいますね。

またこのメディアは、投稿に写真を使うことを強くお勧めします。

長すぎる投稿は好まれない傾向にあります。

 

特徴

・字数:~500字程度

・投稿頻度:週2回~理想は毎日

・写真:ほぼ必須

・集客:友達申請、相手からの友達申請

 

 

Instagramの特徴

Instagramは、写真に特化しているSNSです。

ただし、文字を打ち込むこともできますよ。

プロフィールが少ないので、相手の属性を絞り込むことが難しいメディアでもあります。

 

特徴

・字数:~500字程度

・投稿頻度:週2回~理想は毎日

・写真:必須

・集客:フォロワー数と質に完全に依存

 

 

まとめ

ここにSNSを4つ挙げました。

もちろん全部運用できればベストなのですが、実際には時間的に難しい場合が多いです。

 

なので、どれも中途半端になるくらいなら、どれかに集中してやってほしいんです。

その場合、個人的にはアメブロは必須、あとどれかもう一つを選び、2つで勝負してほしいですね。

 

これは今後Wordpressなどで長めの文章を書くとき、アメブロでの下積みがあるとやりやすいからです。

あとは、各メディアの特徴を考え、やりやすいものをいくつか使いましょう。

 

というわけで、SNSの役割と特徴でした。

また次の記事でお会いしましょう。

次記事:[STEP3-2] アメーバブログの基本プロフィールへ進む

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です