[STEP4-9] ブログに見やすい装飾をするには

Pocket

んばんは、YUです。

今回の話は、どちらかというとテクニックというより小技って言った方が良さそうです。

 

ここまでブログの書き方を中心に、

・オリジナリティー

・タイトルのつけ方

・3つのNot

・記事の構成と4つの学習タイプ

・共感を呼ぶテクニック

 

こういったことをお伝えしてきました。

そして、今回も二つほど、ブログを書くときの小技をお伝えしますね。

このテクニックを使うだけでも、ブログの見栄えが良くなって、読者を引きつけやすくなりますよ。

 

ブログ記事の文字の装飾を意識する

まず一つ目のテクニックは、ブログ記事の文字に、装飾を入れます。

どういうことかというと、色や太文字などを使って強調するということですね。

 

ブログを投稿するときには、基本的には、その大部分を文章が占めることになりますよね。一部写真や枠などもありますが。

このとき、普通に書いているだけでは、どこが大事かが分からなくなってきますし、見にくいブログにもなりかねません。

 

そこで、文字に装飾をつけることを考えます。

具体的には、

1.太字、文字サイズ、文字色の変更

2.適切な句読点

3.改行とスペース

 

こういった細かいテクニックが、ブログの見栄えを良くする上で重要になります。

一つづつ解説していきますね。

 

1.太字、文字サイズ、文字色

意外と最初はやり忘れになりがちですが、適度にこういったもの使って欲しいですね。

これらは、記事の中で大事なところを強調することができます。

 

読み手にとって良いこととは、やはりどこが重要かが分かるということです。

なぜなら、読者は記事のどこが重要かを自分で判断するのが面倒だからです。

 

そこで、重要なところを太字にしたり、色をつけたり、サイズを変更してみてください。

これをやるだけでも、あなたのブログの魅力度が全然違いますよ。

 

なお、サイズ変更をする場合は、他の部分の1.5~2倍が良いです。

また色は、黒、赤、青の3色を基本にして、使っても、緑や紫など、もう一色までにしてくださいね。

これ以上使ってしまうと画面がチカチカして見づらくなってしまいます。

 

2.適切な句読点

ブログを書く上では、適切に句読点を打つ必要があります。

これがないと、どこが文の切れ目になっているのかが分からず、とても読みづらくなってしまいます。

 

このテクニックは、ブログ以外でも、SNSなどの投稿、メッセージでも有効なことですので、しっかりと活用していきたいです。

これは意外とできていない人が多いので、読みやすくなるよう、打っていきましょうね。

 

3.改行とスペース

いろんな人のブログを見ていると、時々見かけるのですが、文章がくっついているブログがあります。

つまり、改行ができていないブログですね。

 

これは読む側としては最悪で、見づらいことこの上ないです。

 

なので、適度に改行を入れて、さらに文と文の間にスペースを入れて、読みやすいブログにしましょう。

これは、ブログを書いたら、プレビューで見て、読みやすいかどうか判断すると良いですね。

 

ブログは話し言葉で書く

これは賛否両論あると思うのですが、僕は「~である、~です」だけの硬い文章よりも、ブログは話し言葉で書いたほうがいいと思っています。

なぜなら文章というコミュニケーションの性質上、固い人だと思われてしまいますし、それでは機械的になってしまうからです。

 

やっぱり人間味のある文章の方が読んでて気持ちいいと思いますので、話し言葉で書くことをお勧めします。

このことはブログだけでなく、SNSでも一緒ですね。

 

というわけで、これらの小技を使っていってくださいね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のまとめ

・ブログは文字の太さ、色など文字の装飾を意識する

・改行を意識し、見やすいブログを書いていこう

・ブログは話し言葉で書いていこう

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

では、また次の記事でお会いしましょう。

次記事:[STEP4-10] ストーリーをブログに組み込んでファンを増やす方法へ進む

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です