[STEP6-6] LINE@の友達を効率的に増やすには

Pocket

んにちは、YUです。

今回も記事を見ていただきありがとうございます。

 

さて今回のテーマは、「LINE@の登録者を増やすという内容です。

 

ここまで、LINE@の目的、特徴、配信すべき内容についてお話してきました。

もちろん、LINE@ではしっかり情報を配信することも重要ですが、友達を集めるのも同じくらい大事です。

 

なぜなら、LINE@は友達の数によってその資産価値が決まり、友達がほとんどいない状態では、効果が薄いからです。

 

そこで、友達をどうやって集めていけばいいのか、お話していきますね。

 

LINE@に登録してもらう方法

あなたのLINE@の友達を増やすには、SNSとWordpressを活用して、これらの媒体から集めていきます。

 

ここでは、

・アメブロ&Wordpress

・twitter

・facebook

この3パターンについて、LINE@への誘導の仕方について解説しますね。

 

1.アメブロ&WP

ブログでは、LINE@の誘導に画像リンクを使っていきます。

 

画像リンクとは、画像をクリックしたらそのページに飛ぶやつですね。

広告でよくあるバナーみたいなものです。

 

まずは、LINE@へ誘導するための画像を作ります。

これはフリーソフトを使ってもいいですし、パワーポイントなどのソフトでもできますよ。

 

ここでのポイントは、

・LINE@の登録リンクだということを示す

・登録すると何が得られるのか

・見やすさ

 

この3つですね。

ちなみに、僕の場合はこんな画像を作っています。

参考にしてくださいね。

 

こういったLINE@へ誘導する画像を作ったら、ブログ上で載せる場所は2つです。

それは、

・各記事の最後

・メッセージボード

ですね。

 

アメブロで、これらのところに画像を貼り、画像にリンクを載せます。

今後はアメブロの記事を更新するたびに貼っていってくださいね。

 

WordPressのほうも記事の最後に貼りつけておきますが、Wordpressではウィジェットを設定することにより、毎回記事に貼りつける手間を省くことができますよ。

 

あともう一つは、画像は使いませんが、グローバルメニューにもLINE@の誘導リンクを設定します。

このメニューにLINE@があれば、気付いて登録してくれる人もいます。

 

これでブログの設定は終わりです。

 

2.Twitter

Twitterではブログと違って画像リンクは使えないので、定期的にツイートに、「魅力的な文章 + 誘導リンク」を流していくのが良いです。

 

魅力的な文章とは、思わずLINE@に登録してしまうような文章ですね。

登録すると具体的に何が得られるのか、登録しないと損するなどの内容を書いておきます。

 

Twitterを使っていくならbot機能を利用しない手はないので、だいたい1日に2~3個、ためになるツイートを流していると思います。

そうだとすれば、一週間に3回~5回くらいLINE@への誘導ツイートを流しておきましょう。

 

あまり誘導ツイートばかり流してしまうと宣伝ばかりになってしまい、フォロワーは離れてしまいますので気を付けましょうね。

またこのツイートを流す時間帯は、8時~9時、12時~13時、18時~19時が一般的には反応が良いです。

ただし、これ以外の時間しかtwitterを見ていない層を取り込むために、あえて時間を外す手もあります。

 

参考にしてくださいね。

 

3.facebook

そしてもう一つ、facebookからもLINE@に登録してもらえます。

 

facebookに画像にリンクを載せられないのはTwitterのときと同じですね。

そこでどうするかというと、毎回の投稿の最後に載せます。

 

その時には、

魅力的な文章+ LINE@登録リンク + LINE@のID

 

これらを載せておくことで、LINE@に集客することができますよ。

ただし、LINE@の登録を促すと、facebookの一回の投稿が長くなる傾向にあります。

facebookはあまりにも長い投稿は好かれない傾向にありますので、ここは注意が必要です。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のまとめ

SNSとWordpressを使ってLINE@へ誘導しよう

・LINE@は、配信内容だけでなく友達の数も大事

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

次記事:[STEP6-7] メールマガジンはどう配信するのか

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です