[STEP7-5] 超売れやすいセールスレターのテンプレート

Pocket

んにちは、YUです。

今回も記事を見ていただきありがとうございます。

 

さて今回のテーマは、「超売れやすいセールスレターのテンプレート」についてです。

 

アフィリエイトをしている人や、個人で商品を売っている人は、必ずセールスをかけるタイミングが訪れます。

ですが、ネット上でセールスのかけ方が分からない、という方も多いと思います。

 

もちろん、適当にセールスレターを考えてもダメで、お客さんに買ってもらいやすいセールスレターの書き方というものがあります。

今回は、テンプレートとして一例を紹介していきますね。

これを知っておけば、アフィリエイトや商品販売で困らなくなります。

 

あくまでテンプレートなのでこれがすべてではないですが、一つの書き方として捉えてくださいね。

 

ただし、約束して欲しいことが一つあります。

それは、絶対に悪用しないことです。

 

上手くセールスレターを書けば、悪質な商品でも売れてしまう世の中です。

特にインターネットの中では詐欺があちこちで発生していますので、絶対にそれはやめてください。

 

それさえ約束して、「お客さんに価値を与えるんだ!」というマインドの方だけ、しっかり読んで活用してくださいね。

では、始めていきます。

 

セールスレターのテンプレート

テンプレートはあくまで一例なのでこれが全てではないですが、以下の順番で書いていきます。

 

1.強烈なタイトル

2.読者を惹き付けるコピー

3.問題の提示

4.理想状態の提示

5.商品の提案

6.クロージング

 

 

抽象的な言葉がたくさん出てきましたが、、順番に解説していきますね。

ここからは例として、3万円の恋愛のノウハウ(教材)を売りたいとして、解説していきます。

 

1.強烈なタイトル

まず、強烈なタイトルで注意を引き付けます。

 

例えば、

【過去の失敗経験から恋人作りに完全に自信を無くしてしまった28歳男の逆転劇】

といった感じで、タイトルを書きます。

 

ここでのポイントは、

・ターゲッティング

・興味性

・インパクト性

の3つを含めたタイトルにすることです。

 

まず、ターゲッティング、つまり誰に向けて書かれているかを明確にします。

上のタイトルでは、主に恋愛に困っている20代30代男性に向けられていますよね。

 

続いて興味性とは、読むメリットが読者に伝わることですね。

記事を読むことによって、何が得られるのかが分かるようなタイトルにします。

上の例では、恋愛が上手くいく方法が手に入れられそうなタイトルですよね。

 

そしてインパクト性とは、強い言葉のことです。

上の例では、「逆転劇」という強い言葉を使っています。

これは無くても大丈夫な場合もあるので、ケースバイケースで対応しましょう。

 

2.読者を惹きつけるコピー

タイトルを書いた後は、読者を惹きつけるようなコピーを書きます。

いわゆる「つかみ」の部分ですが、ここが悪いと離脱してしまいますので、興味を引き出すような言葉を書いていきましょう。

例えば、

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あの日俺は終わってしまった。

 

彼女が欲しいと思っていたのに、もはや声すらかけられない。

なぜなら過去に街コンに参加したものの、上手くいくのは最初の挨拶だけ。その5秒後には気まずい沈黙。

 

思えば俺はただの哀れなやつだ。

どうしてこんなに恋愛ができなくなってしまったのか。

 

そうだ、あの出来事があったからだ・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

と、この後も文章が続きます(もちろんこれは適当に作ったものです)。

ここでは恋愛のノウハウを売りたいので、このように恋愛が上手くいかない人の注意を引きつけます。

 

ポイントとしては、読者が

「あー、これ俺のことじゃん」

みたいなことを思うようなことや、ストーリーがあると注意を引きつけることができますよ。

 

3.問題の提示

読者を惹きつけたところで、問題を提示します。

これまでのように恋愛で彼女ができないという悩みの場合は、

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その男は、思えば6年も彼女がいないままだった。

 

毎日家と会社の往復だし、休日は基本的に家で一人でネットサーフィンをしているだけ。

せいぜい良くて、大学時代の男友達とたまに飲みに行くくらい。

 

しかも飲みに行っても、

「彼女できねーよなぁ」

の話題ばかり。

 

そもそも出会いがなかなかないし、あったとしてもちょっと会話して終わり。

その会話も長くは続かず、気まずくなって残念な感じになる。

 

新宿を歩いているとカップルはうじゃうじゃいるけど、嫉妬の目を向けて終わり。

新宿に行くととことん惨めになる。

 

このまま一生一人なのか。

いつまでも惨めな思いをするのか。

 

そんなのダメだ。彼女が欲しい。

でも、どうやったら作れるのか、全然分からない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

このような感じで、恋愛に関する問題を提示します。

この場合の問題は、「彼女が欲しいけど、どうやったらいいか分からない」ということですよね。

 

この問題を提示することにより、読者には問題に気づいてもらうことができます。

 

4.理想状態の提示

こうして読者の注意を引きつけておいて、読者が

「うわーどうすればいいんだ、前から困ってるんだよ」

みたいな感じに思ったところで、理想状態を書きます。

 

例えばですが、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな恋愛に億劫で悩み続けていた僕でも、一つのチャンスが訪れました。

何気ないことでしたが、今思えば本当に運に恵まれていたんだなぁと思います。

 

そのチャンスに出会って、僕の世界が180度変わりました。

恋愛にはこんな方法があったのかと、目から鱗でした。

 

それから僕は、そのチャンスを生かして実践を繰り返していました。

そして3か月後には、なんと可愛い彼女ができていたんです。

 

それからは、毎週デートをして、食事を一緒にとって、つまらない毎日がひっくり返って、本当に充実した日々になりました。

友達にも自慢できるようになりましたし、自分の自信にもなりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

と、例えばですがこのような流れで書いていきます。

赤字になっているところは理想状態ですが、こういったことを書いておくことにより、夢を見せるんです。

こうすると、読者の購買意欲は増してきますよ。

 

5.商品の提案

ここまで書いて、ようやく商品を提案します。

この時のポイントとしては、その商品をお勧めする理由を書いておくことですね。

 

例えば、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕が3か月で彼女を作ることができた理由。

 

それは、△△△△(恋愛ノウハウ)を手に入れたからです。

 

この△△△△は、一般的な上辺だけのノウハウとは全く違います。

なぜなら、○○という特徴があるからです。

 

他のノウハウでは○○が無いので、彼女ができるまでに時間がかかってしまうのですが、この○○という特徴があることによって、どの教材を買うよりも早く彼女を作ることができます。

僕自身、○○が無ければ難しかったと思います。なぜなら、○○が無いと△△ができないので、一向に前に進まなかったからです。

 

さらに、このノウハウは、恋愛のすべてを網羅しています。

街コンの場合、婚活パーティーの場合、交流会の場合、職場内の場合、全てに対応しています。

 

なので、このノウハウを買ってしまえば、彼女ができたも同然の状態になります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

みたいな感じで、商品を提案しつつ、その商品のセールスポイントを書いていきます。

ここでのポイントは、セールスポイントはなるべく具体的に書いていくということです。

「この商品はすごいんです」「解決できるんです」

だけだと、ほとんど響かないので、商品のメリットをとにかく具体的にしていきます。

 

6.クロージング

クロージングとは何かというと、商品を提案した後に、買ってもらえるよう後押しすることです。

 

なぜこれが必要かというと、お客さんは基本的に行動してくれないので、商品が必要だと思っても、

「ま、今じゃなくていいか」

と思われて、売れるものも売れなくなってしまうからです。

 

だからこそ、「買わない理由」をクロージングによって消していく必要があります。

 

例えば、

・期間限定の販売にする

・自己投資の重要性を伝える

・ここだけの特典をつける

・購入者の感想を載せる

 

などです。特に期限は大事なので、具体的に例に挙げてみると、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この恋愛ノウハウには、実は期限があって、今日から3日間限定の販売です。

 

なぜ期限を設けるかというと、恋愛での成功には行動力が必要だと思っているからです。

恋愛の現場では、行動力がそのまま試されるので、ここで行動できない人は、このノウハウを買ったとしても成功できないと確信しています。

 

僕としては、成功できない人に買ってもらってはお金の無駄になってしまってお互い不幸になるので、行動力のない人には売りたくありません。

だからこそ、3日間限定での販売です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

といった感じですね。

セールスレターには、必ずクロージングが必要になりますので、含めていきましょう。

ここでセールスレターは終わりです。

 

まとめ

セールスレターのテンプレートの一例を出してみましたが、いかがでしょうか。

このことを参考にして、セールスレターを書いてもらえれば幸いです。

 

このテンプレートを覚えておけば、アフィリエイトや商品販売をやっていて、いざ売りたいときに困らなくなりますので、しっかり磨いていきましょうね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のまとめ

セールスレターのテンプレートを学ぼう

・どんどんアフィリエイトや商品販売に活かしていこう

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

次記事:[STEP7-6] これで間違えない!セールスをかける時とダメな時へ進む

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です