返報性をビジネスに応用して集客を劇的に良くする方法

Pocket

んにちは、YUです。

 

いきなりですが、

今回の話は絶対に見逃さないでください。

 

 

どんなことかというと、

「相手に行動してほしければこちらから仕掛けよ」

ということです。

返報性の原理のことですね。

 

返報性の原理

返報性の原理とは、言ってしまえば「お返しをしたくなる心理」のことです。

 

よく見かけるビジネスでは、試食などもそのうちの一つですね。

 

チョコレートを一つ試食させて、

「食べさせてもらったから買ってあげようかな」

という心理を狙っています。

(実際には試食の狙いはそれだけではなく他にもたくさんあります。)

 

日常生活では、例えば

「お土産をもらったら次の機会に何か返さなければ」

というのもこれに当たりますよ。

 

こういった、「お返しをしてあげようかな」という人間の心理は、個人事業でもとても有力です。

 

返報性の原理の活用

ではこの返報性の原理は、インターネットビジネス(インターネット集客)でどうやって使っていくのか。

 

それはいたって単純ですが、他のSNSユーザーがされて嬉しいことをしていけばいいんです。

 

例えば、

・いいねやペタをつけたり

・読者登録をしたり

・コメントをつけたり

・挨拶のメッセージを送ったり

・リツイートしたり

・記事をシェアしたり

 

こういったことをするだけでも、だいぶ違いますよ。

 

ただしここで大事なのは、決して見返りを求めないことですね。

単純に「この人とコミュニケーションとってみようかな」くらいの軽い気持ちでやりましょう。

 

最悪なのは、

「こいつはコメントをつけてやったのに、返信すらしない、何なんだ!」

と思ってしまうことです。

 

こういうのは押し付けになってしまうので、「小さな親切、大きなお世話状態」です。

 

 

「いいねやコメントつけたけど、返したければ返してくれてもいいよ」くらいの気持ちでいきましょう。

そしてもし返事があったら、コミュニケーションをとっていけばいいんです。

そのほうがやってて楽しいですしね。

 

実際僕もいろんな人の投稿にコメントさせてもらっていますが、いろんな投稿が見れてコミュニケーションも取れて本当に楽しいんです。

それに、一定の割合の人はこちらの投稿を見てくれますよ。

 

 

ここでどんなコメントをつけたらいいか分からない、という人は上手くやっている人のコメント、やり方を参考にしてくださいね。

稼いでいる人、結果が出ている人は必ずうまいやり方をしています。

 

 

それと、こういったアプローチをするのが面倒くさい、という人もいると思います。

 

でも考えてみてください。

インターネットビジネスなんていうこんな良い環境はないですよ。

 

コーヒー飲みながら、お茶飲みながらできますし、好きなタイミングでいいねとかつけられますし。

どこかに勤めて働くことを考えたらずっと楽なはずです。

 

なので、積極的に動いてみてくださいね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のまとめ

返報性の原理を理解しよう

・こちらからいいねやコメントなど、アプローチをしていこう

楽しみながら、見返りを求めずにやっていこう

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

それでは、また。

 

Pocket

3 件のコメント

    • INてぐらるさん、こんにちは^ ^

      コメントありがとうございます。

      はい!ぜひ活用してくださいね!

  • 「見返りを求めない」…ちょっと、いろいろあったので、この言葉胸にきざんでいましたよ。(今は、もう大丈夫です。)・・・ありがとう♡

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です